困ったー[SWITCH編]

任天堂スイッチで困ったことを調べたブログ

「いっしょにチョキッと スニッパーズ」レビュー

スポンサーリンク

スイッチのゲームではやはり「ゼルダ」が一番人気のようです。

それいいがに遊べるタイトルでおすすめといえるのが「いっしょにチョキッと スニッパーズ」。頭を使うパズルゲーム的な要素、2人以上でプレイする場合にはどのように連携していくか戦略を共同で練るコミュニケーションゲームとしての要素がうまく配合されたゲームとなっています。

以下レビューです。

 

「いっしょにチョキッと スニッパーズ」とは?

f:id:apicode:20170329193117p:plain

URL:

いっしょにチョキッと スニッパーズ | Nintendo Switch | 任天堂

 

任天堂スイッチ用のパズルゲームです。

操作やインタフェースも最適化されており、スイッチでプレイしやすいタイトルになっています。

 

ゲーム自体は、2つのキャラクターを動かしながらミッションをクリアしていきます。

キャラクター同氏はお互いの体をチョッキンチョッキン切り抜くことができます。

この型の作り方によってゲームクリアが変わってきます。

 

物理計算がシミュレートされており、衝突判定や重力などもあることを考慮しながらうまくプレイしましょう。

 

スイッチからはダウンロードで購入できます。

購入方法については以下参照ください。 

apicodes.hatenablog.com

 

1667円と、スイッチのゲームとしては安いです。

体験版のダウンロードも可能ですので、先にプレイしてみるとよいでしょう。

 

 

「いっしょにチョキッと スニッパーズ」の操作方法

メニュー

起動するとこんな感じ。

f:id:apicode:20170329193512j:plain

 

メインメニューでは1-2人用ゲーム、2-4人用ゲームで別れます。

f:id:apicode:20170329193516j:plain

 

さらに1-2人用を選ぶと1人プレイか2人プレイか選べます。

f:id:apicode:20170329193520j:plain

 

ゲームはある程度クリアすると新しいゲームがアンロックされていきます。

またある程度のゲームがクリアされると、新ステージも登場してきます。

 

 

操作方法は?

Xボタンでキャラクター切り替え

Yボタンで体の形が復活

Aボタンで切り抜き

Bボタンでジャンプ

L,Rボタンで回転

 

 

攻略のコツは?

各レベルは、いくつかの基本パターンのものがあります。

 

大きめに切っておく

こちらは切り抜き系。

自分の体をうまく切り抜いてカタにはまるように変形します。

最初にカタに体をあてて、どのように切るか想像してみましょう。

また、サイズ判定が厳しいので、最初やワクよりちょっと大きめに切っておくのがコツです。切りすぎた状態でやってしまうと、また一からになってしまいます。

f:id:apicode:20170329193529j:plain

 

へこんでるメリットを考えよう

切り抜き方をうまくこなすことがミッションクリアのために必要です。

たとえばボールを運べるようにペコっとしたへこみを作っておきます。

するとボール運びが楽になります。

f:id:apicode:20170329193539j:plain

 

歯車やナットへの対処

ステージの装置では、ボタン意外に歯車や六角ナットのような装置が出てきます。

スニッパーズをうまく切り抜いておかないと、歯車を回転させることができません。

最初はパズルクリアよりも、個別の装置をうまく動かせるような状態にしておくことを目指しましょう。

f:id:apicode:20170329193542j:plain

 

切り抜き時の姿勢

一人モードで相手をうまく切り抜くには、切り抜かれる側の姿勢も大事です。

先に切り抜かれる側をカーソルでしゃがませたり、背伸びした状態を保ったままXボタンを押します。

すると高さに差がある状態で利用キャラを変更できるので、切り抜きしやすくなります。

 

プレイした感想は?

ついつい時間がたつのを忘れてプレイしてしまうゲームです。

ゼルダの場合には、やはり大きなストーリーの流れのなかでプレイするわけで、じっくりやりこみたい感じがします。

 

一方、スニッパーズようにステージごとにクリアするパズルタイプのゲームだと、空き時間にちょっとやってみたりというやりやすさがちょうど良かったりします。

 

ゲームデザインが非常によくできていて、一見出来なさそうなのが後でできるようになったり、物理エンジン特有のイライラ感などもうまく設計されているように思います。

 

スイッチはたしかにゲームタイトルが少ないです。が、このような良質なゲームをトータルで長い時間遊べると、あらためてゲーム機ならではの良さを感じたりします。

おすすめです。

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 また、当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負いません。 あらかじめご了承ください。