困ったー[SWITCH編]

任天堂スイッチで困ったことを調べたブログ

【マインクラフト】迷子にならないためには?

スポンサーリンク

マイクラでは位置が分からなくなり、元の位置を探しているうちに穴に落ちてゲームオバーになったりします。

そこで迷子にならない工夫が必要となります。ここではそのためのTIPSをまとめていきます。

 

迷子にならないためには?

マイクラでは迷子になって、ベッドなどがある自分の場所へ戻れなくなるという苦労がしょっちゅうあります。

ひどい場合には、探している途中で穴に落ちてゲームオーバー。復活させてもアイテムの場所すらわからなくなるなんて事態もよく起きます。

 

このようなタイムロスを減らすためにも、事前にいろいろと対策を練っておきましょう。

 

地図の場所を覚える

まずは、自分の拠点の位置を覚えておきましょう。

 

スイッチにはゲーム画面をキャプチャするボタンがあります。

これで自分の拠点で地図を広げた状態でキャプチャします。

するとX,Z座標をいちいちメモしなくても、キャプチャ画面でチェックできるのでずいぶん楽になります。

f:id:apicode:20170701101018j:plain

 

 なお地図の作り方や見方については以下参照ください。 

switch-osusume.hatenablog.com

 

 

コンパスは役立つ? 

f:id:apicode:20170708104817j:plain

道具でコンパスが作れます。

コンパスを作ると東西南北の位置が分かるようになります。

しかも手前の利用可能なボックスに入れておくだけで方角を示すようになります。

地下で方向がよくわからない場所でも、向きがわかります。

 

ただし個人的には、作ってみたもののあまり活用はしませんでした。

 

 

自分の拠点は明かりで目立たせる

たいまつなどをたくさん置いておけば、暗くなると明るさで見つけやすくなります。

 

一番いいのは「溶岩」があふれ出している場所の近くです。

ゲーム開始後に早いうちにそうのような場所を見つけたら、そのあたりを自宅にしておくとよいでしょう。

 

うちでは「かぼちゃランタン」を家の周りに配置して見つけやすくしています。

かぼちゃが取れたら、ランタンもつくってみるとよいでしょう。

 

地図が効かない場所の対策

マイクラでは地図は一定範囲のみ表示され、あとは座標だけの表示となります。

よって地図からはみ出していると、現在地マークが有効にならないので不便です。

 

また地下洞窟のような場合、上下にも移動しますから、かなり場所がわかりにくくなります。

 

ので以下の点を注意しましょう。

 

デッドエンドはふさいでしまう

行き止まりであれば、何度も通って時間をロスしないように入り口自体を土ブロックで防いでしまうのが手っ取り早いです。

 

通行不要のマーキング

自分で特定のマーキングをすることで無駄を減らせます。

ここから先は行ってもあまり意味がないという場合には、土などのボックスで「X」マークをあえて作っておくと、無駄が減らせます。

 

新しい拠点を作る

何度も死んでしまう場合、拠点を新規に作るのも手っ取り早いです。

作業台、かまど、ベッド、ドアぐらい持ち運んでおけば、手軽に拠点を作れます。

すると、たいまつや剣などがなくなってもすぐ作れり治せばOKになります。

 

 

頻繁にバックアップする

地下にどんどん進んでいくと、結局上がってくる道がわからずにっちもさっちもいかなくなったりします。

なるべく節目節目でファイルをコピーしておき、いざとなったらバックアップのほうで再開できるようにしておきたほうがよいでしょう。

 

メニューでファイルを選び「X」ボタンを押すと、ファイルコピーなどのコマンドが利用できます。

f:id:apicode:20170708104845j:plain

 

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 また、当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負いません。 あらかじめご了承ください。