困ったー[SWITCH編]

任天堂スイッチで困ったことを調べたブログ

Qbics Paintの使い方

スポンサーリンク

Qbics Paintというボクセル型のペイントゲームがスイッチ用にリリースされることが発表されました。マインクラフトなどでもおなじのボクセル形式で指タッチでなぞりながら描くことができます。カラーリングや背景画像の指定が可能。

うまく作ってフェイスブックなどへ投稿するのもよさそうです。

 

Qbics Paintとは?

スイッチ対応のユニークなペイントソフトです。

ペイントといっても最大の特徴はボクセル形式にあるでしょう。

ボクセルというのは、マインクラフトでおなじみのカクカクの立体による表現形式です。

ちょうどLEGOブロックを積み上げて3Dを表示しているイメージになります。

f:id:apicode:20170605095649p:plain

Qbics Paint - Abylight

 

Qbics Paintでは、指でなぞることでブロックを彫像のように掘ったり、24色で彩色することができます。

 

背景画像には50種類のプリセット画像から選んで指定することができます。

 

スイッチにはゲーム画面のキャプチャや、フェイスブックへ投稿する機能があります。

このQbics Paintで作った画像を簡単に送ることもできると思います。

 

作成手順は?

スクリーンショットが公開されいます。それを見ると、大体の手順が分かるかと思います。

 

まずはお題を選びます。最初は全部ではなくロックされているアートもあります。徐々にアンロックされていくのでしょう。

f:id:apicode:20170605100456j:plain

 

ではうさぎを作ってみます。

f:id:apicode:20170605100444j:plain

 

うさぎをつくります。

f:id:apicode:20170605100537j:plain

 

カラーリングします。

f:id:apicode:20170605100447j:plain

 

背景画像を選びます。

f:id:apicode:20170605100453j:plain

 

f:id:apicode:20170605100450j:plain

 

開発は?

Abylight Studiosというスペインのデベロッパーです。

面白いことに、このデベロッパーはスペインの教育省の支援を受けているのだそうです。

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 また、当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負いません。 あらかじめご了承ください。